職務質問ロック。

22日、小樽にロック行ってきました。

先週、調子が良かったので、
今回も普通に釣れると思ったのですが・・・




まずは、S漁港へ。

4、5回キャストすると、ヒット!!

しかし足元で、


「ポチャン」


この時は、「まぁ悪くないでしょう」と思ってました。

しかし、その逃した魚が一番の大物だった。


3時間頑張って、クロソイ5匹。

写真のサイズが今回のS漁港最大サイズ。

2223.jpg


数もサイズも寂しい 



これでは帰る気にならなかったので、

期待は出来ませんでしたが、SY漁港へ・・・。

到着して、先端部方面に歩き始めると、
1台のパトカーがやってきた。

気にせず歩いていたが、何げにみると、

わざわざ長靴に履き替えて、警察がこっちにやってくる。

「???」

「立ち入り禁止とか?」

「んな訳ないよなぁ・・・」


気になって仕方がなかったが、
悪い事してないし、普通に釣り開始。


しかし、やっぱりその警察、自分のところに来た。


警察「こんばんは、釣りですか?」

自分「はい」

警察「ライトを持った怪しい人がいるって通報があったんですよ」

自分「はぁ?」

自分「ていうか、自分、今来たばかりですよ」

警察「そうですか・・・怪しい人見ませんでしたか?」

自分「いや~、見ませんでしたけどぉ・・・」

警察「わかりました。すいませんけど、一応、名前と生年月日教えていただけますか?」

自分「あぁ、はい・・・」



正直、ふざけんなよ!!と思いましたが、

答えないと余計に怪しいので・・・。



その警察、こんなこと言ってました。

近くの漁港で、893っぽい人が出没しているので気をつけてだって・・・



多分、パトロールだったんだと思うけど、

職質ってのは気分が悪い。

まぁ、夜中だし、怪しいっちゃ怪しいけど 



釣り再開。

ノーバイト・・・

なんだか気分が悪いので、

超必殺技「波動法」全開で攻める。

キタ!!

2226.jpg

20センチあるかないかくらい。



ここで・・・

「こんばんは」

お久しぶりのKさん登場。

ちょっと物騒な話を警察から聞いたあとで、

Kさん、ゴツめの方なので、ちょっとビックリ 



状況を話してから、コラボフィッシング。

相変わらず渋いので、技を連発して・・・

2227.jpg


めっちゃチビのクロソイ。




そのあと、やっとそれなりの魚が・・・


2238.jpg


エゾメバル21センチ。



そのあと、Kさんが、なかなかのサイズのエゾメバルを2連発。

使用ワームを聞くと、自分は買うことのない高級ワームだ。



ここのお魚さんは高級品が好きなのね 


自分の方は、まぁ~ったく釣れなくなってしまい、

「波動法」の欠点が出てロスト 


寒さも限界がきたので、これにて終了。


小樽、良くなったと思ったら、そうでもありませんでした。

ポツリポツリは釣れますけどねぇ。


3月に入れば良くなるかなぁ・・・。







にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

自分的新技~小樽ロック~

15日、仕事終了後、小樽でロック。

「最近、小樽は渋い」

そんな話しか聞かない。
自分もそう思ってました。

でも、あえて小樽を選択。

「激渋の中で釣り上げる1匹の喜び」

ちょっと癖になるんです 


そんな1匹を求めてSY漁港へ。

その漁港は、数日前も貧果だったという話を聞いていた。

開始してしばらく予想通りノーバイト。

しかし、このあと状況が変わる。


なんとなく、あるワームを使う時にしかやらないことを、

普段良く使うワームでやってみた。


P2151.jpg



釣れた・・・。

たまたま釣れたのか?



わからないので、しばらく続けてみよう・・・


P2152.jpg


釣れた!

しかもマゾイ!!

実は、去年の秋からず~っとマゾイが釣りたいと思っていた。

15センチ前後のチビマゾイですが、

自分的には、今日釣りに来て良かったと思える1匹でした。



それにしても、この釣り方が今日の釣れるパターンみたいだ。

このあと、


akTZJBWKQAelk0I1392486886_1392487045.png


エゾメバル1匹とクロソイ4匹追加。


こうなると、他の場所でこの釣り方を試したくなる。


S漁港へ移動。




とりあえず、タダ引きをしばらく続ける。

ノーバイト・・・

そして、例の釣り方。


2151.jpg


釣れた!

25センチ!!

このソイで、今回は完全にこのパターンがハマっていると確信する。


まぁ、説明してしまうと、たいしたことない釣り方なんですが、

ベイトがイカだった時に、イカっぽいワームでやることを、

イカっぽくないワームでやっただけです 

この25センチのソイがイカを吐き出したので、

間違いないかなと思いまして・・・

イカっぽいワームでやればもっとハマったかもしれませんが、

持ち合わせてなかったんですよねぇ 

いつものワームでやるのがイイ可能性もありますし・・・



もちろん、その後も釣れましたよ、


yaqWY2lTj42h4Oo1390.png


クロソイ11匹追加。


自分は、渋いとき「波動法」という技を持ってますが、

ハイリスクで、使いづらいので、

これは、頼もしい新必殺技になるかもしれない。

この技に名前をつけなければ・・・

イカ・・・

でも、ワームはいつものワーム・・・

ということは、



名づけて!!



「必殺!!イカ風味!!」



このネーミング、どうでしょう?




イカすでしょう!?(イカだけに)




そういえば、SY漁港もS漁港も貸切でしたが、

S漁港で帰り際、ロックフィッシャーらしき人がきたので、

「イカ風味」教えてあげれば良かったかなぁ・・・




とりあえず「イカ風味」はおいといて 

激渋予想の小樽で、なかなかの釣果、

非常に楽しめました。






にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村




ボウズの「ボ」?スノボの「ボ」?

8日。
この日は極寒だった。

魚の活性が低くて釣れないだろう・・・。

と、思いながらも仕事帰りに石狩T。

釣り開始から約1時間、完璧にノーバイト。

せめて潮目でもと思いながら、ちょっと遠くを見ると、

「潮目!?」

急いで潮目っぽいところへ。

ところが、それは潮目ではなく、水面が凍りついていたのでした 

「ボ」で終了。




11日深夜(12日早朝)

今回、自分的には、それほど興味がわかないオリンピックでしたが、
この日は、早めに寝てAM2時に起き、スノーボードハーフパイプ決勝を見ました。

平野選手、平岡選手、おめでとう!!




12日は、オリンピック観戦で寝不足だったので、
仕事が終わったら、まっすぐ帰って、早めに寝たほうがいい・・・

でも、石狩Tへ 

釣りを開始してしばらくノーバイト。

「このままだと2連敗だ・・・」

それはだけは避けたいと思っていると、

コツン!

キタッ!!

ところが、バラしてしまう 

でも、前回よりはマシ?

そのあと、ランガンするが、ノーバイトだったため、
お気に入りポイントでネバってみることにした。

すると、

ガツン!!

グッ!

ヒット!!


P2121.jpg

サイズはそれほど良くはなかったが、
ひったくるようなバイトで、
非常に嬉しい一匹だった。

「活性が低い訳ではないのか?」

ちょっと期待して今度はランガンしてみる。

魚の反応なし・・・。

ちょっと心が折れかける。

こうなれば、あの技を出すか?

「ダブルコーク1440」

じゃなかった。

スノーボードハーフパイプ、
面白かったのでつい・・・。


え~と、「波動法」でした。

ハイリスクハイリターンのこの技、
今回は、リスクの方が先でした。

数回のキャストで、2回ロスト。

キビシイ・・・。

あと1回ロストしたら帰ることにした。

すると、

グッ!

グググ!!

キターッ!!


P2122.jpg

23センチ。


「今はこれが精一杯」


宮崎駿アニメ「カリオストロの城」で
ルパンがクラリスに言ったセリフを吐き捨てて、

今回は終了 

帰り道、腕(肘)にかなりの疲労感が・・・

このままでは、ロックのハイシーズンになる前に
また腕を痛めてしまいそうだ。

やはり「波動法」は封印したほうがイイかもしれない・・・。







にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



ある意味快挙だ~石狩ロック~

1日、仕事帰りに石狩Tでロックしてきました。

この時期のTは、寒い日は水面が凍って釣りにならない時があり、
もし、ダメなら小樽まで行こうと思ってましたが、
大丈夫だったので釣り開始。

おそらく渋いであろうと予想して行きましたが、

予想的中、激渋状態。

しばらくランガンして、ま~ったく魚の反応なし。

「渋いとわかっていてなぜ釣りに行くの?」

それは釣りが好きだからです 

それと今回、新しくグローブ(手袋)を買ったので、
使ってみたくて、どこでもいいから釣りに行きたかったのです。

ちなみに、いままでコレを使ってました


P手袋


指先が出せてイイのですが、
ラインを結ぶ時などは、結局手袋を外してしまい、
この手袋を使う意味がない 


それで、この手袋買いました


ホーマック手袋


たまたま寄ったホー○○クで見つけました。
なるべくピタッとフィットするように、サイズはM

使ってみましたが、悪くないです。



さて、釣りの方はというと、

あまりにも魚の反応がないので、
必殺技を使う事にしました。

その技とは・・・

「波動法」

この技、リスクが大きいので封印してましたが、
1匹限定で解禁。

ちなみにリスクとは、
腕(肘)に負担がかかるのと、ロストする確率がアップすること。

まさに諸刃の剣。




そして、技を繰り出して数分後


P2011.jpg


やっぱりこの技使うと、釣れます 

ただ、この技、リスクが大きいというのもありますが、
イマイチ面白くないというか、
この釣り方では満足できないというか・・・

やっぱり、

「コツン!グッ!グググ!」

この3点セットが決まらないとねぇ・・・



でもって「ボ」回避でふたたび技を封印。



ノーバイトが続く・・・

前回調子が良かったワームにチェンジしてみる。

しばらくランガンする。

すると!

「コツン!!」

「グッ!」

「グググ!!」

キター!!


P2012.jpg


この激渋な状況で、
3点セットがバッチリ決まって、
サイズもこのくらいなら悪くない。

会心の一撃だ!!

いや、会心の一匹だ!!



爆釣モードで何十匹釣り上げるのと、
激渋モードで一匹釣り上げるのでは、

楽しさでは前者ですが、嬉しさでは後者に軍配が上がると思う。

しかもそれが、
自分の中の美学にピタッと当てはまった釣り方であればなおさらだ。


これでスッキリして帰れる?

自分、そうはなりません。

欲というものが出てきます。


後ろ見ると、キタキツネがいて応援してくれているようだ。

「ガンバって3匹目を出すぞ!!」

しばらくランガン。

すると!

カツン!!

グッ!!

「こっ!これはデカそうだ!!」



ところが・・・


スポッ!!



「お~まい、がぁ~!!」





冬の北海道。

キタキツネ。

呆然と立ち尽くす中、頭の中に流れる曲は、さだまさしのアノ曲

♪あ~あ~あああああ~あ♪ん~ん~んんんん~




逃した魚は大きい・・・




立ち直るのに若干時間がかかりましたが、

3匹目を釣るべく、ふたたびランガン。

寒くて限界を感じはじめたころ、

コツン、グッ・・・バシャバシャ。

P2013.jpg

グッドじゃないサイズだった為、
すぐ水面にあがってきました 

サイズはイマイチですが、3匹目。

「今日は、これまででしょう・・・」

戻りながらランガンしましたが、チビソイのバラシが一度あって終了でした。




それから、タイトルの「ある意味快挙だ」ですが、

何が快挙なのか・・・



今回、あの石狩Tで約3時間ランガンをして、


ロストゼロ!!


秋にヒラメ(ソゲ)を釣ったのと同じくらい

石狩Tでは快挙なのだ!!





おしまい。











にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村














プロフィール

nisesomegorou

Author:nisesomegorou
札幌在住です。
淡水魚、海水魚、何でも来いですが、
まだまだ発展途上な釣り人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR